食と健康(ナス)

いつまでも、健康で若々しくありたい、誰もが思っていることだと思います

昔から健康は食にありといわれます

今回は栄養成分たっぷりのナスについて

そのナスも昔からなぜか秋ナスは嫁に食わすなと言われています
秋ナスは体を冷やすからとか種が少なく子種に影響するとか
いろいろと理由付けをして言われていますが実際のところはどうなんですかね

そのナスの栄養成分は
95%が水分でナスニンやビタミンC、ビタミンB群、カリウム、鉄分、ナトリウムなどの成分が含まれ食物繊維も多く含まれています
また皮の部分にはビタミンpやアントシアニンなどの成分が含まれています

このナスニンやアントシアニンはガンの予防効果や眼精疲労回復効果があるといわれています
またこのナスニンはポリフェノールの一種で抗酸化作用があり老化防止や動脈硬化予防、コレステロール値を下げる効果もあるといわれています

ナスのおもな成分である水分には多くのカリウムが含まれナトリウムの排出効果があり、ビタミンpには血管を丈夫にし共に高血圧の予防効果があるといわれています

多く含まれている食物繊維は便秘改善効果や大腸がんの予防、血糖値の上昇を抑え、糖尿病や肥満を防ぐ効果があるといわれています

そのほかにもプロテアーゼインヒビターと言う成分が含まれ口内炎や胃炎、肝炎、関節炎、神経痛、痔などの痛を抑え改善する効果もあるといわれています

このような多くの成分の含有によりナスは生体調整機能に優れた食品、野菜と言われる事も有ります

昔から一富士、ニ鷹、三ナスビと言われている縁起の良い食材です
そして栄養成分豊富な野菜です

そのナスは煮ても焼いても揚げても美味しい食材です
身近にある食材を上手に利用して何時までも健康に過ごしたいものですね

(特)民間療法の一つにナスのヘタを黒焼きにし塩と混ぜて歯を磨く事で歯槽膿漏の予防効果があるともいわれています
(特)また同じく民間療法としてナスを切った時にでる汁を吹き出物やおできにつけると改善する場合が有るとも言われています




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック